So-net無料ブログ作成
検索選択

フライパンにみるお国柄 [典子食堂]

2012-06-023.jpg

めずらしくセルビアではなく、フランスネタ。
旅先では主にキッチン用具を自分へのお土産に買うのですがパリでもそれは例外ではなく。
レアールの合羽橋のような一角でフライパンや牡蠣ナイフ、シリコン型などを購入。

写真はこの日に買ったもの。
アルザスからパリに移動した日でした。

2012-06-21 0020.jpg
おじさんたちも料理人?

その20cm径のフライパンがとても使い易く、5年経ったいまも、ほぼ毎日使用。
ただ、IH調理器しか使えないキッチンで仕事をすることもあるので、出張用にIH対応で同じような厚みのものが欲しいと、ずっと探していたのですが、なかなか見つからない。

20170805_161459037.jpg
写真右がフランスで、スーツケース重量を考えて選んだ一番薄いフライパン。厚みがあるほうが火のとおりが均一になるからね。さすが食いしん坊の国。

左がきのう行った店で一番ぶ厚かったフライパン。表面をなめらかにしたり、軽量化にこだわるのが日本なのかな。

やはり南部鉄器にするべきだったか・・・と、一瞬考えたけど却下。出張用だからね。
あれは重すぎる。




ホームページにセルビア料理のメニュー紹介を追加しました
時間のあるかたはこちらもどうぞ

タグ:フランス
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント