So-net無料ブログ作成

東京まで、セルビア [よもやま話]

20170115_03.JPG

Reading "Srbija Do Tokija".

きのうはお休み。
ターメリックミルクで身体を温めながら読書。
「東京まで、セルビア」は日本語で書かれたセルビア文学。
セルビア大使館で開かれた出版記念トークショーでサインをいただきました。

日本に帰化したセルビア人の高橋ブランカさんは頭脳明晰。早口で、理路整然と話される訛りのない日本語そのままの文体は、それでも異文化からの視点、論点を感じさせ、パラレルワールドに迷い込んだような錯覚を感じます。
まだ読んでいる途中ですが、ちょっと、乗り物酔いっぽい不思議な感覚。

タイトルは”私が居る場所は、たとえそこが東京であったとしてもセルビアになるのだ”という意味がこめられているそうです。
何度か読み返すと、そのたびに違う発見が見つかりそうな短編と中編が納められています。
興味のある方はぜひ。

20170113.JPG

大使館で出された軽食も、好きなものばかりで嬉しかったー。

高橋ブランカ著「東京まで、セルビア」

東京まで、セルビア

東京まで、セルビア

  • 作者: 髙橋ブランカ
  • 出版社/メーカー: 未知谷
  • 発売日: 2016/11/26
  • メディア: 単行本



nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 3

コメント 2

nicolas

ターメリック・ミルク、なんか美味しそう~
結構黄色いけど、イッパイターメリック入るのかなぁ。
って、ターメリックって家にあるウコンでいいのもいいのかな?
クミンとかターメリックとかって、やっぱり東欧は中近東に近い感じするね。

そうそう、今頃になっちゃったけど、お葉書ありがとう!
そうとは知らず、新年のご挨拶しちゃってごめんね。
頑張ってるてんちゃん、私も隠れ応援団です♡
by nicolas (2017-01-16 20:13) 

noriko

どうにもこうにも寒かったので、そういえばインドでは風邪のひきはじめなんかにも
ターメリックミルクを飲まされると聞いたきがするなー、とつくりました。
ウコンでもおっけーですよね。
これは、牛乳150mlにターメリック小さじ1/2、カルダモン1個、ナツメグ少々、はちみつ小さじ1/2くらいかな。

おかげさまで、だいぶ元気になりました。
ことしもよろしくおねがいします(^^

by noriko (2017-01-16 22:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0